2017年07月05日

遅れながらKH完走話とか。

KH1.5+2.5購入してからあまりネタ書いていませんでしたが、全作品クリアが完了してました。

Bbs以外は制限つけてプレイしているぐらい、何度も遊んだ作品ではありますがこうしてHDでもまた遊べるのは嬉しく、昔と変わらず熱中して遊んでいました。
それと同時に1作目が出たのが大昔なことを思うと歳を取ったものと思ったり…


そんなこんなで、折角制限プレイかねてやったことについて書いていきます。
なっがいし一部の人しか見ないと思うので以下より。

・KH1/Lv1、ムーシュ禁止、無強化
HD版で追加 全作品の中で(ムーシュ禁止だと)最も難しいと言われている作品だとか。
1は有用なアビリティがドッジロール(前転)しか覚えない、
AP無強化だと3しかないので最後までアクション面が強化されません。
そのかわり一部の戦闘に限り割合ダメージ化?(それでも二発で死亡)、
最低ダメージ保障がフィニッシュ時2倍と補正が働いてます。

最後までプレイヤーの出来るアクションが変わらない、ヒット&アウェイ戦法になるのでアクション部分での楽しさは他作品ほどなく、パターンを安定して実行できるかの勝負でした。
アースラ、マレドラ、リク(鍵)戦の辛さは異常でした…

死亡回数512回とか多杉ィ! 沢山しにました。




・ReCOM/CPとストック技のみ強化
GBA含めると何週してるん…というぐらいにはやってるCOM
こちらはクリア目的も含んでいたのでHP無強化でプレイ
0のカードを出されると反撃連撃で即死するので事前に358から特典カード解禁でゼムナスを使用(のけぞり中無敵付与)、防御面強化出来ますが、それでも容易に死にます。

普段からGBAでも似たような事をしていたので印象残らず。
ドッジロールがGBAと違って弱いのでちゃんとブレイク必要なのと0のカードが見えたら控えるのが大事。

カード集めに走ったこともあってレポート高め


・KH2/Lv1、リフレク禁止、アイテム禁止、召喚禁止、連携自粛、無強化
元祖Lv1の始まり ボーナスレベルによるアクション強化やクリティカルによる難易度補正もあってLv1入門としてお勧め作品。
通常プレイと同じアクションも制限無く可能で、アクション面での制限が少ないのも特徴です。
ただしぶっ壊れ技のリフレク、召喚、連携を制限すると途端に難易度急上昇します。

こちらに関しては一度ブログで書いたので省略します。HD版のゼムナス△不発バグは酷い…
と思ったら遅れながらアップデートで改善されたようです。これで連携無しでの突破も可能に。


・Bbs/シークレットまで初見クリティカルでクリア、裏ボス撃破しただけ
Bbs自体初見というのもあってクリティカルモードでクリアしただけでした。
3Dでは慣れなかったコマンド系かー…と思ってプレイしてましたが、
3Dと違ってこちらのコマンドは合成要素や強化、ボードゲーでも強化も可能と、制限の緩さで楽しくハマってました。、ペット育成しなくてもいいのは有りがたい…

Lv1がどうもHD版ではKH1と同じ補正が付くようになったので、制限なしだとクリアは楽かもしれない…という想像が脳内で浮かんでいます。
(とあるテラ編Lv1を2時間台でクリアするタイムなアタックも出ておられるようで…)

現在ヴェントゥス編をLv1でやっておりますが、普通に突破出来そうな香りが・・・
やはり三種の神器(Wリーブ&ベール)を序盤から覚えられるのは強いものが。


・358デイズ/普通にLv1
ボス戦が難しい事に定評のある作品 358に新ムービー追加されたのでつられてプレイ
物理が弱く、魔法が強いあたりKH1と似た感じですが、Lv1クリアも出来るように(一部理不尽ながらも)作られており、
アクション性も豊富なので敵が堅い事を除けば楽しいです。
ボス戦は弱点魔法で突いて戦いますが、物理は通常プレイでも異常に硬い敵しかいない。
基本魔法回数増やして魔法で戦わないとAボタン壊れるぅ!

魔法の効かないパラサイトグレイヴが天敵 
悪名高いスカイルーラーは最初は苦労したものの、パターンで慣れたら楽に。
他サイクス(魔法耐性高)、ラスボス第二形態が鬼門でした。


・リコーデック
やったことないです!(映像作品で満足してしまった人




こんなところでした。
個人的にはKH2を強くお勧めしたいです。逆におすすめしないのはKH1あたり。
Bbsは事前準備スキーなコマンド収集好きなら有とは。

ちなみにこうやって制限してプレイしてはまいすけども普通にプレイしても面白いですからね?
Lv1の即死あるミスを許されないプレイ、そして理不尽な死を経験するのも楽しいですが!
posted by でみぐらす! at 20:48| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: